「私は●●の人」語れる得意分野を見つけるトーナメント表

自分がいきいきと語れる分野を1つ作っておくのが恋愛にも役立つと前回書きました。でも、その分野ってどうやって見つけたらいいのでしょうか。簡単なようで、案外難しいですよね。

話題がはずみやすく共通の趣味の人を見つけやすいのは、ディズニーランド、特定の国(イギリスなど)、食べ歩き、映画、読書などですが、それに限らず自分らしさを出したい人向けに、こんなトーナメント表を作りました。

以下の質問に答えて、トーナメント表をうめていってください。とくに何も思いつかない項目は空欄でOKです。

1.今日から一生、毎日あるものを食べないといけないとしたら、何がいい?
2.何か1つのテーマの写真集を作るとしたら何にしたいですか?
3.あなたが毎日やっている趣味は?
4.ちょっと人より詳しいことはありますか?
5.今または過去に夢中になった習い事はありますか?
6.仕事で頼りにされていることはなんですか?よく褒められることは
7.みんなが気づいていない、あなただけが「これいい!」と知っている何かはありますか?
8.今または過去にコレクションしていたものはありますか?

トーナメント表ができたら、順番に対戦させ、「どちらの方がより魅力を説明しやすいか」ということを焦点に勝ち負けを決めます。その話題について語っている自分をイメージし、よりいきいきと話せそうな方を勝ち上がらせます。

最終的に優勝が決まったら、あとは自分を「このテーマが好きな人」と意識するだけでOK。それだけで、普段からその話題について自然とアンテナがたち情報収集できるようになります。情報が集まってくるとますます好きになります。

ツイッターまたはインスタグラムを開けば、手軽に情報収集できます。

そのことについて

「何が魅力?」
「普通の人がそれに接するとどう生活がかわる?」
「みんなが知りたがるマルヒ情報」

が語れるようになればより完璧!

1つ語れる分野があると、ちょっと気まずい間でもうめやすくなります。
旅行・読書・映画なども話しやすいジャンルですが、このジャンルでイマイチ盛り上がらなかった時のバックアップとしても準備しておくとよいですよ!