あなたに3年以内に 結婚につながる恋人ができる可能性診断

 

あなたに3年以内に夫候補の恋人ができる確率診断

 

魅力的で恋活もがんばってる。なのになぜかうまくいかない。そんな風に悩んでいる女性は少なくありません。

考えても考えても、恋がうまくいかない理由がわからない。それは、恋と人間関係の複雑さゆえ。

ところで、複雑な問題にぶち当たったらどうすべきでしょうか?答えは、一度シンプルに考えてみることです!いったんシンプル化して考えることで、問題の箇所が絞り込め、とりかかりが見つかるものです。また、問題個所にピンポイントで対策を打つことによってより効率的に恋活ができるようになります。

それでは以下に回答してください。あなたの恋愛のボトルネック(問題個所)となっているポイントを絞り込み、改善する方法の糸口がつかめるはずです。

あなたに3年以内に恋人ができる確率診断

以下について、それぞれ答えてください。全部で4問です。

恋愛に発展する可能性がある異性の人数

あなたの周りには今どれくらいの未婚の異性がいますか?

あなたがこれから出会う異性の人数

あなたは3年以内にだいたい何人の異性と出会いがありますか?現在の恋活の状況から考えて答えてください。

そのうち恋愛対象となる人の割合

今とにかく誰でもいいので、10人の知り合いの異性(家族以外)を思い浮かべてください。そのうち何人と、「恋愛関係になってもいいな」と思えましたか?

そのうちあなたを恋愛対象とする人の割合

ここは想像で正直に答えてください。
あなたの好きなタイプの男性が10人いると想像してください。過去に出会った人物を思い出すとなおよいでしょう。その中の何人が、あなたの告白に対して「YES」と答えると思いますか?


あなたの3年以内に恋人ができる確率は・・・

 

ここに「好かれると好きじゃなくなる」問題などがあるので複雑になってきますが、今のあなたの大まかなスコアはこの通りです。

注意していただきたいことは、これが結婚できる確率ではなく、よい恋人ができる確率ということです!せめてここは100%に近い数字が出ないと、結婚はかなり厳しくなってきます。

それでは、それぞれの設問と、なぜこれが重要なのか、どう改善すべきなのか、解説していきますね。

出会いの確率はこう計算される

人と人との関わりには不測の変数がたくさん。

でも、ベースの計算式はだいたいこう計算できます。

あなたが出会う人の総数 x そのうち何割の人と恋愛できるか 

もしあなたが出会った人の1%としか恋におちなかったとしたら、たとえ100人の人との出会いがあったとしても、その中にあなたが恋できる人がいる確率は63%しかありません。

逆に、あなたが10%の人とと恋におちる可能性があったとしましょう。すると、たとえあなたが50人としか会わなかったとしても、その中に1人は両想いになれる人がいる確率は99.48%になります。

恋ができること=モテることとは、出会う人の総数が多い、または、恋愛できる対象が多い(モテるあるいは守備範囲が広い)のどれかだということです。

スコアが低く出た!どう改善すればいい?

今いる環境に異性が多くてもメリットは低め!

大きな会社などに勤めていて、「職場で出会いがあるかも」と期待している方もいると思います。

ですが、厳しい現実があります。多くの恋は出会って1年以内に芽が出るものなのです…。もしあなたが今の環境に1年以上いるとしたら、今すでに知り合っている人たちと恋に発展する可能性はかなり低いのです。

参考
https://www.mine-3m.com/mine/news/image?news_id=103967

でもまったく無意味ではありません。すでに知り合った男性たちをもう一度恋愛候補にするよい方法があります。それは

大胆なイメージチェンジ

です。

イメージチェンジといっても、必ずしも外見だけにフォーカスする必要はありませんよ!キャラを変えたり、大人しかったのに突然生徒会に立候補するなどの大胆な変革もイメージチェンジです。出会いの人数が少なく、今後も増える見込みがない人はこのような努力をしてみるとよいかもしれません。

出会わないと出会えない。当然のこと…

ピンポイントで大好きな人と運命的に出会う…だれしもが期待してしまうことですが、これはドラマの中の話。

たった1人にたまたま出会うのを待っていては確率が低すぎます。
たった1人に出会うためには、50人、100人、200人と会わないといけないのです。

100人の中にあなたと相性がピッタリな人が1人いるとします。
50人の人と出会ったら、その中にその人がいる確率は39.5%です。
100人と出会ったら、確率は63.4%に上がります。

やはり、出会いの数を増やす努力はとてつもなく大事ですし、恋におちにくい人はとにかく出会う人数を重視すべきです。

では、今あなたがもう少し出会いを増やした場合、確率はどう変化するか見てみましょう。

「恋におちる」のは大切な能力

たった1人の人にしか興味がなく一生一途。
というのは物語では美しいですが、現実世界にこういう人がいたら、思い込みが激しいか、他人の良い面にフォーカスする能力が低いことが疑われます。

自分が恋におちる範囲を意識的に広げる努力が必要です。
世にいう、減点ではなく加点で見る目ですね。

いったん恋におちたら、減点する目はとても大事です。
でも恋が始まる前は、加点しながら見る癖が大切です。

色別戦略

次に、各モテカラー別にどこにとくにフォーカスして強化すべきかです。

外見が最大戦力の赤の女性は、出会った後に告白される率などは高いはずなので、「守備範囲を広げる」ことが早く恋人を作るのに大切になってきます。

オレンジ

オレンジ女性は出会いの人数を増やすことに注力すべきです。ある程度の出会いがあれば、好かれる可能性が高い色です。

黄色

内向度が高くなりがちな黄色の女性は、出会いの数を増やすことをとくに意識すべきです。

緑の女性は「好かれる努力」が重要となります。これは主に清潔感を出すこと、自分をさらけ出し早いうちに相手に内面を知ってもらうことが大切です。

青の女性は「出会いの人数」が重要ですが、ただ会うことではなく、「数回会う人」の人数を増やすことに注力してください。

紫女性は「好かれる割合」を増やすことが大切です。清潔感、人の話を楽しそうに聞くこと、ある程度自己開示をすることなどがポイントです。

白女性は「守備範囲」を広げることが大切です。

ピンポイントで恋愛が起きやすい黒の女性は「出会いの人数」を増やすことに注力を。

まとめ

出会いや恋愛において、「運命」と言う言葉を使うと、本質がみえなくなってしまいますが、

本当の恋愛は、出会った人数x恋愛できる相手という図式で成立します。

結婚を望むなら、さらにその中から結婚できる相手の確率を掛け合わせるので(これはまた別のお話となります)、恋愛できる相手との出会いの確率は高くするよう意識したいところです。

あなたにたくさんの幸せが訪れますように♪