夏は距離を保ち冬に近づく…季節を恋の味方にする方法

前回に続き、今回は季節と恋心の関係をご紹介。

1年を通じてよい関係性を保つには…?

春は支える人に徹するべし!

春になると心療内科の受診が多くなるのだとか。

なぜ春に気持ちが乱れるのかはハッキリとわかっていませんが、冬の間閉ざしていた感情を急に解放するプレッシャーと関係しているかもしれないそうです。
さらには花粉が舞う季節。体に炎症が起き、不快感も強いのが原因かもしれないそう。

心が乱れやすい春に「恋人」としてワンランク上のポジションを築きたいなら、
乱れる心を優しくケアし支える存在となることを!

今お付き合いしている人は相手の様子をよく観察し、つかず離れずを保って、必要とされたらすぐに支えてあげて。
まだ、と言う人は、春は様子見。でも相手があなたを必要としていそうならいつでも駆け付ける体制を。

ただし、自分自身も心が乱れやすいので要注意。

真夏の告白は避けよう

真夏の暑くて不快な日は犯罪率も高いとか(でもあまりに暑いとダレるのか今度は減少するらしい)。

暑い日はイライラするというのは本当。そんなときの告白は不利なのでどうかお盆過ぎまで待ってくださいね。

秋は最高のシーズン

心理学的にも秋は最高のシーズン。
もっとも安定しポジティブな状態になっているそうです。

秋は意中の相手といる時間をしっかり確保するとよいですね。

周りの環境は接している人との印象を左右しやすいモノ。

例えば、温かいものを持っているときに出会った人に対して「温かい人」という印象を持ちやすいと言われています。

気持よくポジティブな秋とあなたの存在を結びつけることができると恋愛にとって大きなプラスですね!

初ベッドインは冬?

とある調査では、男性は冬の方がより多くの女性の体を魅力的に思うと回答したそうです。

おそらくこれは、冬になると見られる肌も少なくなるわけで、希少性が高くなることが影響しているとか。

というわけで、初めての時は冬の方にした方がよいかもしれません。よりお互いを魅力的に思えることでしょう!

冬になると日射時間の減少に伴い幸せホルモンであるセロトニンも減少。ますます人肌も恋しくなっているはずです…。

まとめ

こうしてみると、お付き合いを始めるベストシーズンは秋、ということになりますね。

秋にたくさんの時間をともに過ごし、冬に急接近。春はお互いを必要な時とそうでない時のオン・オフを作る。夏は少し距離をとってお互い自分の世界を作って…

恋愛のフェーズ的にもよい感じですね!もちろん、恋はいつ始まっても素敵なものではありますが…

それでは!