35歳からの婚活の3大禁忌

今回は35歳を過ぎた女性の婚活について書きたいと思います。

35歳を過ぎると結婚に対する思いも新しいフェーズに入ってきた、と言う人も多いのではないでしょうか。

諦めがついた、とか、ゆっくりやろうという気になれた、などという心境になる人が多いようです。

これはとてもよいことです。それが本当に真実ならば

心から「できたらでいい」と思えるようになったのならば、それはすばらしい、誇るべきことです。

でもそれが、
自分にそう思いこませようとしているのだったり、
一時的なもので、またすぐに焦りが襲ってきたり、
誰かに「結婚はした方がいいよ」と言われたら揺らいでしまうものだったり
するのであれば、一度最後までこの記事を読んでもらいたいのです。

35歳からの結婚はとにかく素直なスタンスで!!

男性がある程度年を重ねた女性に求める姿は大きく2つに分かれます。

1つ目は、まさに大人の女性。洗練されて、自信があり、男性をリードできる素敵な女性です。
多くの女性は、この姿を目指すと思います。

ですが、男性が求める姿はもう1つあります。それは…
それは若い女性と変わりません。
どこか隙と弱さがあって、自分が守ってあげられる存在であることです。

実は、年齢が上がると恋愛成就が困難になってくるのは、1つ目のイメージも2つ目のイメージもとても達成しにくくなってくるからなのです。

まず、1つ目のイメージですが、

自分に自信があり、充実した女性像は、うわべの演出だけではすぐにボロが出ます。
だから、最初にお伝えしたとおり、心の底から、「結婚はいつかできたらでいい」と思える状態になっているなら、
それに見合うだけ心も環境も充実しているはずです。だから、演出したり目指したりする必要はないはずです。

ですが、もしその余裕や洗練度に自信がないのなら、お勧めしたいのは、2つ目の姿なのです。

モテカラーの方も見てくださっている方はわかると思いますが、
赤に当てはまる人以外は全員こちらを目指してもらいたいと思っています。

ただし、35オーバーの場合は、若い時と同じやりかたではいけません。
やり方によってはイタさや卑屈さがにじみ出てしまいます。

そこで、ナチュラルで愛される女性像を演出するために、避けてもらいたい3つの禁忌をご紹介します。

禁忌その1)強がり

先に述べた理由と同様で、35歳を過ぎると、強がりはかわいげがなくなります。
この年齢になったら、出来上がっている物は強がって演出せずとも自然ににじみ出てくるはずなのです。

モテカラーの基本は演出ですが、「こうしよう」ではなく「こうなろう」という像ありきでの演出は失敗しがちです。
だから、自分の中にある、「こう見られたい」という思いがないか、もう一度見直してください。

・洗練されてると思われたい
・経験豊富だと思われたい
・充実していると思われたい

洗練されたファッションをし、TPAやマナーに気を遣うのはもちろん良いことです。
自分の経験をいかして生きるのも、毎日を積極的に充実させることも。

でも、「こう見られたい」「こう見られていないと腹が立つ」という思いはゆがみを産みます。

もし歪みを手放すのに苦労する場合は、「自分は普通」という思いを大事にしてください。

・自分は普通程度には洗練されている
・自分は普通程度に経験がある
・自分は普通に充実している

結婚していない理由を聞かれたりしたら、無理に理由をつける必要もありません。
シンプルに正直に「どうしてかわからないけれど今まで縁がなかったんだ。でもできるものならしたい。」という感じでよいと思います。

禁忌その2)焦る、そして腐る

35を過ぎると、「焦るか、焦りを手放すべきか」の葛藤もあると思います。

「焦りを手放した方がいい出会いがあるはず」と思う日があれば、「焦ってるくらいの行動を起こさないと、ダメだ」と思う日もあると思います。

焦りは見透かされますし、焦って成果が出ないと腐りたくなる気持ちが出てきます。ですが、行動を起こさないのもNGです。

焦らず、でも諦めずのいいバランスを保つマインドの持ち方は、

「結婚できないかもしれない。その可能性は受け止めている。
でも、結婚したい」です。

また、腐らないことはとても大事です。
・どうせ自分なんて
・無理に決まってる
などというネガティブは、絡み酒の時くらいにして、あとはナチュラルを心がけてください。

腐りを産む最大の要因は焦りなので、まずは過度に焦らないことを意識してください。
そのためには、「ダメかもしれない可能性を受け止めて、でもできることはする」というマインドが重要です。

禁忌その3) 相手に頼る恋愛を求める

年齢が上がると1つ、男性から求められていることが変わります。
それは、以前よりも自立を求められることです。
35歳過ぎたら、経済的にも、肉体的にも、精神的にも相手に頼る恋愛をするのが難しくなります。

すべての面で自立し、自分で充足したうえで、自分の人生をよりよいものにしてくれる+αとしての恋愛を探すことが、大切です。よく「恋愛はスパイス」と言いますが、この段階では結婚も、スパイスとして探し出す必要が出てきます。

まとめ

10年ほど前、あるオンライン結婚サイトで女性の検索対象年齢を調べたところ、
29歳を境に検索数が急激に下がっていました。

以前は「20代」と言う言葉に対する理想や夢が今より大きかったのです。
今でも多少その傾向が残っていますが、男性ももう少し現実的になっています。

最近、新しく31歳と35歳にも節目が出てきたように感じます。

31歳とは、「高い確率で子どもが期待できる結婚適齢年齢に間に合う出会いの年」
35歳とは、「子どもを作るには困難が伴うかもしれないけれど、まだ魅力的な女性がたくさんいる年齢」

という節目です。意識してか無意識か、男性もこの年齢を念頭に入れて女性を見ていると感じます。
35歳を過ぎた女性に対しては「子どもを作るのには困難が伴うかもしれない」という男性側の意識の第一関門を乗り越えなくてはならないのです。

その第一関門を取り払って女性を見られる男性に対しては、小手先の技は通用しにくいと考えています。
本当に男性が一緒にいて落ち着けていいパートナーシップを築ける女性しか選考には残りません。
子どもを作ろうと思うのなら、ともに困難に立ち向かっていける強い味方としてしか選んでもらえません。

そのためには、焦って腐るような弱さのある女性ではいけませんし、かといってたおやかさのない、癒されない強いだけの女性でもダメです。
要するに、非常にバランスが難しいからこそ、30代後半の結婚率は低いのです。

強がらずナチュラルな自分でいること、危機感を持ちつつも腐らず前向きでい続けること、自立して自分で生きて自分で充足できる人間を目指すことがポイントです。