モテカラーの決め方

2つのモテカラー診断を行うことによって、自分の今の状態が大体わかったかと思います。

モテカラーとは何か。ざっくり言うと、自分を宣伝する看板です。
恋愛で苦戦している人の中には、無意識のうちに、売っている商品とは違うテイストの看板を出してしまっている人がいます。

たとえば、
ちょっとオタクで、同じようなオタク男性と相性がいいのに、ファッションのせいか港区系のように思われてしまう。
料理上手で家庭的、尽くすタイプなのに、つい大きな声で男性にツッコミを入れてしまう。

こういった人は、実際に提供しているものと看板がズレています。

「カントリー雑貨を売っていそうな店」と期待して入ったらパンクジュエリーしか売っていなかった、という状態で、
接した異性に混乱を与えます。

モテカラー診断を行うことによって、あなたが今出していると思われる看板の色がわかりました。
一番効率がよいのは、自分に合う看板のテイストを極めることですが、
必ずしも固執する必要はありません。

あなたが実際に何を提供できるかということも重要です。
それに合う看板を出すこと、または
出すと決めた看板の色に見合うものを全力で提供すること、です。

赤: ハイスペックな女性とつきあう優越感、自己肯定感、自慢できる
オレンジ: 楽しさ、共感、気兼ねなさ
黄色: 応援、かわいらしさ、守ってあげているという感覚
緑: 包容力
青: 応援したいという気持ち、憧れ、強いものを征服する感覚
紫: 共感、世界観の共有
白: 憧れ、優越感
黒: 性的充足、スリル

以上が、各色が主に期待される商品です。
自分が何を与えられるか、何を与えたいかという切り口から、自分のモテカラーを決めるという方法もあります。